永住権.com
トップページ
永住権とは?
応募資格
永住のメリット
取得のポイント
よくある質問
お客様の声
当選後の手続き
お申込の手順
お申し込み料金
DV2007お申し込み
DV2007情報予約
応援リンク集
マスコミ掲載歴
特定商取引法
個人情報の取扱
募集要項
お問合せ
★リンク募集中★
グリーンカード
"永住権ドットコム"は、DV2007抽選アメリカ永住権=グリーンカードを獲得することを目的とするサイトです。

「写真とサイン」だけの簡単応募システム!
  よくある質問集
質問集

国籍はどうなるの?
 国籍は日本国籍のままです。永住権とは言葉の通り、永住する権利があるだけでアメリカ国民になるわけ ではありません。しかし、グリーンカード取得後5年後には市民権申請をして取得できます。

家族はどうなるの?
 呼び寄せ永住権があります。永住権グリーンカード所持者は配偶者・21歳未満の未婚のお子様をアメリカに呼び寄せることができます。 もちろん呼び寄せられた家族には永住権グリーンカード取得の権利があります。

英語が話せなくても大丈夫?
 英語力は特に必要としません。しかし、移住してからの生活を考えると全く話せないよりも、少なくとも日常会話程度の英語力は身に付けておくべきでしょう。

他に永住権を取る方法は?
 永住権グリーンカード所持者との結婚・世界的な芸術/学業の功績・専門的な卓越した技術・投資による取得等の方法がありますが莫大な費用と時間がかかります。

本当に抽選で永住権が当たるの?
 はい。このプログラムはアメリカ国務省の移民均等化プログラムに基づくものです。アメリカ国務省サイトで必ず確認してください。

選考方法は?
 選考に基準はありません。完全な無作為抽出です。 考えられるのはまず、「応募資格がある事」「申請不備が無い事」が絶対条件である事です。

当たる確率は?
 応募者数と当選者数は、「申請総数から無効票をひいた数」の中から 当選者数は約50000人(※)程度です。無効票に関しては、申請要綱の細かい指示があり毎回、 多くの人が無効として扱われています。多い年では、300万通 もの応募が無効として扱われています。
※実際にはキャンセル分も考慮して9万人程度の当選者が出ます。

当選しやすくなる方法は?
 完全な無作為抽出ですので、確率が変わることはありません。 ただし、夫婦での申し込みは確率が2倍になりますので、ご夫婦は絶対にお二人で応募してください。

当選からグリーンカードを取得するまでに、費用はどれくらいですか?
 当選後の健康診断料と米大使館へ支払う費用を合わせて約10万円ぐらいでしょう。  また、移民弁護士などに依頼される場合は、別途費用がかかります。  

当選した場合、配偶者や子供もアメリカに連れて行きたいのですが?
 申請者ご本人が当選し規定の手続きののち永住権グリーンカードを取得した場合、 自動的に配偶者や21歳未満(アメリカ入国時)の未婚のお子さまにも永住権が認められることになります。

当選の発表はいつですか?
 毎年5月〜7月の間に、申請書でご指定頂いた住所に当選通知と説明書が送付されてきます。 (当選してない場合は、何も送られてきません。)

応募について、申請代行の形で応募しなければならないでしょうか?
 もちろん、代行の形をとらなくても、応募は可能です。 ただし、正確な申請が要求され、DV-2002の応募者約1300万通、 そのうち300万通が書類不備などにより無効扱いになりました。 概算ですが、毎年日本人の書類不備が25,000〜35,000人程度あるでしょう。 申請の不備で落とされるのは、もったいない話しですので絶対になくしていきましょう!


DVー2006で届いた質問も見てみる→

DVー2007で届いている質問も見てみる→

今すぐ申し込む→

利用者の声を聞いてみる→

  Copyright (C)1995-2005 Eiju-ken.com USA Green Card Lottery Service All rights reserved.
グリーンカードを永住権ドットコムで取得し米国ハワイ移住を実現しよう!